HOME>ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行のお得な活用術

ゆうちょ銀行は、もともとは郵便貯金と呼ばれていましたが、郵政民営化に伴い、「銀行」となりました。一般的な銀行(都市銀行や地方銀行)とはまた違った特徴もありますが、日本全国の都会から田舎にまで張り巡らされた店舗ネットワークの利便性は大きいです。

ここでは、そんなゆうちょ銀行をお得、そして便利に活用するための方法や利用の注意点、他の銀行との比較や使いわけについて紹介していきます。


スポンサーリンク

ゆうちょ銀行とはどんな銀行なの?

昔は郵便貯金でしたが、銀行の民営化に伴い、いまは「ゆうちょ銀行」として各種銀行サービスを行っています。民営化によって銀行となったことで、他の銀行とのお金のやりとり(振込)などもできるようになり、利便性も向上しています。

 

  • ゆうちょ銀行の貯金商品の特徴
  • ゆうちょ銀行の振込・振替・送金
  • ゆうちょ銀行のお得な活用方法

 

・身近で使い勝手の良い銀行「ゆうちょ銀行」
・ゆうちょダイレクトの評価・評判

ゆうちょ銀行の最大の強みはそのATMネットワーク

ゆうちょ銀行の持つ最大の強み(メリット)の一つがその膨大なATM(店舗)ネットワークです。郵便局は20,086(店舗)もあり、26,331台ものATMが全国にあります。

郵便局はユニバーサルサービスとして田舎を含めて全国にネットワークがあります。いつでも、どこでもお金を入出金できるというのはかなりの魅力です。

 

・ゆうちょ銀行のATM手数料とコンビニATM

 

ゆうちょ銀行の貯金商品の特徴

ゆうちょ銀行では郵便貯金時代の名残を受け、「○○預金」という名称ではなく「○○貯金」という名称で呼ばれていますが、内容としては同じものです。

 

  • 通常貯金
  • 定額貯金
  • 定期貯金

 

この3つの商品が代表的な貯金商品となっています。通常貯金は一般の銀行における普通預金と同じです。いつでも引き出せるお金ですね。

一方の定額貯金と定期貯金はそれぞれ一般銀行の定期預金に該当する貯金ですが、それぞれで少しだけ性質が違っています。

 

定額貯金と定期貯金の違いを比較
ゆうちょ銀行の貯金上限は1300万円
ゆうちょ銀行が倒産したら貯金はどうなる?
・ゆうちょ銀行での投資信託はおすすめできない

 

ゆうちょ銀行の振込・振替・送金

ゆうちょ銀行では振込、振替、送金といった一般の銀行と同じように資金移動が可能となっています。

 

  • ゆうちょ銀行同士の送金
  • 他の銀行(金融機関)への送金
  • 為替(普通為替・定額小為替)による送金

 

などの送金サービスがあります。ゆうちょ銀行で独特なのは「為替」を使った送金方法かもしれません。最近はネット決済などによって利用は減っていますが、今でも為替(小為替)をつかったお金のやり取りが行われることがあります。

 

・ゆうちょ銀行同士なら送金手数料は無料
・普通為替・定額小為替とは何か?活用方法

 

スポンサーリンク