HOMEゆうちょ銀行>ゆうちょ銀行が倒産したら貯金はどうなる?保護される?

ゆうちょ銀行が倒産したら貯金はどうなる?保護される?

ゆうちょ銀行の民営化までは、郵便貯金は国によって貯金が保証されてきました。一方で民営化したことによって他の銀行と同様の扱いになっています。ただ、銀行の場合、預金保険という制度によって一つの銀行に対して1000万円+その利息が最低でも保険によって保護される仕組みが取られています。

 

ゆうちょ銀行もその預金保険の対象になっています。


スポンサーリンク

ゆうちょ銀行に預けているお金は1000万円+利息が最低保証される

ゆうちょ銀行はいわゆる「預金保険(ペイオフという呼び方の方がしっくりする人が多いかも)」の対象となっています。

預金(貯金)は保険によって保護されており、ゆうちょ銀行に預けている貯金は「1000万円+その利息相当」が保護されます。

参考:銀行預金と預金保険制度(ペイオフ)

 

なお、その金額が上限ではなく最低限です。仮にゆうちょ銀行が倒産した場合、残った財産を預金者(債権者)に配分しますが、結果としてその金額よりも大きくなる場合もあります。

 

一方で「ゆうちょ銀行の貯金上限は1300万円」でも紹介しているようにゆうちょ銀行の場合、貯金上限があり一人当たり1300万円までとなっています。そのため、どのようなケースでもゆうちょ銀行の倒産によって生じる損失は最大でも300万円ということになりますね。

 

 

投資信託などの有価証券は「分別管理」によって保護

ゆうちょ銀行では投資信託も購入することができます。
こうした投資信託は貯金とは別の扱いとなっており、預けている投資信託はゆうちょ銀行の資産とは切り離されて管理されています(分別管理)。

その為、投資信託についてはゆうちょ銀行が倒産したとしても全額が保護されます。

 

ゆうちょ銀行倒産のリスクを考える必要はあるか

そもそも論になってしまいますが、正直、ゆうちょ銀行が倒産するという事を考える意味があるのか?と言われたらたぶんないです。ゆうちょ銀行が倒産するような事態になるというのは、日本経済はその時、壊滅的な状況になっているはずであり、その場合は預けている「日本円」という通貨の価値自体暴落して紙切れになっていると思います。

 

なので、ゆうちょ銀行の倒産を考えること自体はあまり意味がないと思います。

 

スポンサーリンク